読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

samisiusagi1919’s blog

タオとゼンの智慧☆わたしが元気なのが社会貢献とおもっているひとのブログです^^

えらびは慎重にしたほうがいいワケ

たとえば なにかをならうとき


習いにきたひとが

しらないからといって


そんなこと も しらないんですか?

だいじょうぶですか?


と、いう かんじのスタンスだと


ひとに たのむのやだな とか

ききたくないな とか



もう ならいたくないと

みなさん おもいます




そんななかで


ガマンして

苦労して

することは


しんどくて つらい 

がんばらねばならない と

こりかたまってしまうのですね



まなぶとき(おしえてもらうとき)は


たのしいな、とか


また、やりたいな

もっとしりたいな と


おもうような相手と

かかわるのがいいですよね^^





あじわうってこんなかんじ

うけいれられない


いやなんだよなー






これ おもうとき




ひたる あじわう



こたえをさがそうとしない


だめっておもわない いわない


否定して、自分じゃないものに

なろうとしない





自分にOKだすってそーゆーこと


自分の違和感をしんじるって

そーゆーこと



おもったこと

かんじたままに あらわせなくて


すぐにいえなくても

いえるようになったら 


あとからでも いう




そうすると、自分から自由になるから

ラクになる




あってもなくても

どっちでも♡な感覚は




理屈じゃなく ハートの深いところ

ハラでわかる♡



うけいれる = 禅 ってそーゆーこと♡

コリかたまる

いまわからないときや

いまできないとき



わからないっておもわれたら、、とか

こんなこともできないって

いわれたら、、とか




うだうだ かんがえて

がんじがらめになって



すなおに そう いえなくて

みうごきがとれなくなっている






また、

いきたくないとおもってるのに


メリットが、とか

つきあいは、、とか


打算的にかんがえて


断れないとき や


大した欲しくもないのに

あってもまあいいかな、でえらんでしまう



そんなとき 契約的にいきていて

本当に欲しいのが、わからなくなっている





だからいいます



そうした しがらみをやめる


自分から もう えらばないときめて





一個ずつ

自分で ここちよいほう



ときめくものを



えらんでいく






そんな

どこにでもいける 感覚が

自由 だとおもいます♡

しんじる B面

いま わたしはなにを感じているのだろう


なにをおもうだろう


あってもなくても よかったとしたら

なにをしたいだろう








いつもいつも かんがえで

うごいたり きめていくと


気持ちが

わからなくなっちゃうんですね




 


そんなときに

てをのばす さきは


そうなれない、わたしを

わるくおもい


右にならえできない、わたしが

ダメだとおもう




そうやって

不安がって 焦って 怖がる



いまのままでいる さきが

おおいのです






たすけたい とか

役立つ とかの 裏側は


たすけられたい とか

役立つものをもとめている の








だから、いいます


わたし感覚 が みえないとき


わかっても 選びきれないとき


(こうしたい!のに でも、、

この(でも)でえらんでしまうとき)






外側の声

わたし感覚をみえなくするものは




一度シャットアウトでいい




ちゃんとえらべるようになってから

なんですね


そのころには

わたしはどうしたいか をかんじ

まわりがどうであれ


わたしのおもいで えらんでいけますから♡




ありのままって

素直に自分の感情や気持ちを

しんじる コト(*´꒳`*)


しんじて えらんでいけるコト♡

しんじる

やりたいとおもったことをする




だれがなにを

おもっても

いっても

してきても




わたしは、するときめる



いまから それにむけてする


はじめる


たんたんと していく





うしろめたい とか

ムリ ダメだぁ とか


自分でおもっても それすら

うけいれる 否定しない




そとからみて どう評価されるか

あたいするか じゃなく



自分を信じるって




ぜんぶ おもうように

おもうようなやりかた で していく


そういう経験からしか学べない

つながりのおはなし

いきた おかねですか

しんだ おかねですか



うれしい

たのしい

しあわせ


を かんじる


モノ コト ヒトに

つかえていますか





 

不快なことに


なにかしらの理由のために

おかねをつかっていませんか








もし、



不快につかっていたとしたら


きづいたときに やめれますか



それで、しょうがないから とか

みんながしてるから とか



あきらめる選択はしてはいませんか





  



自分へのうそ


不誠実は



のちのち たかくついてしまう







世界には



マイナスをプラスにかえるのは

いいことにおもう きらいがある



だけど マイナスをもとめてしまう

必要としてしまう

習慣をつくりだしてしまう






だから、わたしはおもう



かかわった えらびの責任をおもうなら




損切りをしたらいい






えらびをかえたい



かわりたいとおもったときに

かわれる わたしになればいい





自由ってそういうこと




  

きもちよくないことには

ださないし うけとらない 




それが


しあわせの めぐり



よろこびに よろこびがくっついて

たくさんになる



魔法のつかいかた

えらぶこと

えらぶこと 慎重で在りたいものです。




かつては、


つきあいで、とか

ことわりにくいから、とか


いつもつかってるから、とか



きもちよくないことを

えらんでました。



(自分にも

お相手にも 失礼ですよねw)



だから、いつまでも

なんか満たされず

ごほうびがほしくなり


しらずしらず

ひとにも えらぶしかないを

おしつけたり



いつの間にか


やられたことを やりかえすように

してました。






これを、やめる!ときめて




おかね なら


うれしくて

しあわせで

たのしい 


もの こと ひとへ



(生活に必要なものもふくめて

よく 見直したりもしました。)



かかわっていて

これからも

かかわりたい 相手や 関係に






ものなら


いま いらないものは

ためこんで

もちぐされないように



ひとつずつ、えらんでいきました。




えらばされた、じゃなくてね





そうすると


こころが うれしいんですね

楽で軽くなるかんじで



ほんとうに ほしいもの

もとめていたものは


たくさんある、じゃなく

おきにいり でよくて



わたしらしさ このみも

わかるようになり



管理できるキャパって

どのくらいだったかなーと



今の自分の分が

はっきりしていきます(*´ー`*)