読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

samisiusagi1919’s blog

タオとゼンの智慧☆わたしが元気なのが社会貢献とおもっているひとのブログです^^

きめる、ということ

まえに、いやなおもいしたから

ああはなりたくないから


いやにおもう 体験経験を

さけようとしてしまうことが

あるとおもいます


だけど、それじゃあ

マイナスを必要としてしまうと

かんがえます




する、ときめるというのは


ワクワクしたり 

しあわせすぎて ゾクゾク


そこだけを 描いていく こと





いや のその先をみつめ


ほんとうはどうしたかったか、を

しっていく


ほんとのキモチ、を

みつけていく








魅力的にかんじるのは

わたしが、わたしらしく

在るからなんだよね^^


おもしろいとおもうとき

おしえるなら 

こうせねばならない


おそわるなら

こうあるべきでなければならない





かたち にあわせようとすると


急につまんなくなる





かたくなってきたり


その こしらえた型にあわないなら

あれこれ 批判的になり

ジャッジしていく




うまくしよう より


わたしがよろこびを

かんじるように する


わたしらしく

いきいきしてる

そのありようが


ステキなんだよね^^

わかったこと

あんなに、だれかに


わかってほしくなった日も

あったはずなのに


わたしが

わかりさえすれば


いつの間にか

平気になっていました











それは、


わたしの感性が

まわりとちがっていたときに

よく感じていたことです




わたしが ヘンなのかなぁとか

ダメなんじゃないかなぁと



ダメ出ししちゃうときもありました



けれど、


ダメ出ししちゃう

いまのわたしさえ


まるっと わかることできたから


外の評価より


わたしの感性を信じることが

だんだんと

できるようになってきました


だって、わたしじゃないモノ

外の評価を優位にしてしまうなら


ふきげんで おもしろくなくなっていくのが


よくよーく、わかったから

なんですね^^

やりきるとき


自分がすきでしていることを




アンチから


バッシングをいわれたら


まあ、イヤな気持ちには

なりますよね。





だけど、そんなとき



すきで

あいしていることを


やめる、とおもうなら



それって

ほんとうには すきじゃなくて

どこか いいとこだけほしくなって

しまっているかもしれない。




ほんとうにすきなら

する、ときめたことなら





だれに なにをいわれても

おもわれても

されても




やめない、んですよね^^



そうするうちに


ファンもついてきたりして


アンチがいるのさえ

気にならなくなっちゃいます^^

外側からみえる評価におどらされるとツマラナイ


わたしは、こうする


きもちがすっきりすることをいう





だけど


いうときに

見た目良く

批判がつかないように



語弊なく完璧に。。。


言わねばならない だとね




おもくて、かたくて

急に つまらなくなってしまう



うれしいとき たまらなく

よろこびを感じるとき


わたしをあらわす こと

なんだよね^^




わたしをしると

わたしの魅せ方がわかるんだよね^^

わからなくなったこと^^

趣味はなんですか?


と、きかれることがあった。



けれど、こたえられないのね^^



やりたいこと あるなら

やりたいようにするし


おもうことがあるなら

おもうようにする




だから、わざわざ

趣味は、○○でーのように


かしこまることがなくなって

しまった。







型にはまりきった



つくられた なにか より


わたしなりの なにか を

つきぬけてしているほうが



おもしろい んだよね^^

ポジティブシンキング≦ポジティブビーイング

前向き

チャレンジ精神



よく、きくけれど


都合よく考えてしまう


ほんとうをみなくてすむ

なにかを解体することじゃ

ないんだよね






あらゆるコトを

肯定的にとらえて


自分なりに 選んで行けること



それが、自由^^