読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

samisiusagi1919’s blog

タオとゼンの智慧☆わたしが元気なのが社会貢献とおもっているひとのブログです^^

自信がそだたないとき

ひょんなことから

非正規雇用

派遣社員とか 契約社員

経験した わたしです^^






してみて思うのは、


ふつうね、出来高があがるなら

お給料に関すること




ふえる のが あたりまえ です



(価値に対する評価だからね。)





けれど、会社が経営がくるしい場合




ことば巧みに


こんなふうに時給なり

なんなりをさげようとしてくるw





たとえば


あなたの場合は

いままで インセンティブが

プラスで○○ついていたから


(営業のケースね)


時給がさがっても

時給さがるまえと金額は

かわりません


(ずるいよねー。


だって、いままでは

高い時給にインセンついてるわけでしょ

だから損してるものw)



とか。





アウトソーシング業務もするなら


その業務をする枠は

クライアントがだしている単価だから


会社としても

あなたとしても


都合がいい とか。


(はたまた都合がいい関係って

契約的になり


まっとうな自信は

どんどんなくなるよねーw)



(これ、ほんとうに


マネージャーが

本気で あたかも当然の

いいことみたいに いうんです


一言でいうなら打算的なんですよね


マネージャーは、

穴埋め的に都合よくつかえ

うごいてくれる

役立つコマが必要なだけであり


信頼関係は、ない ですよね

あたりまえだけど)



だ け ど


それを 呑むひとがいるから

成立しちゃうんですよね。



家庭優位にかんがえたい

はたらく おかあさん や


なにかしらの

家庭事情があるかたの場合 とか


年齢的にえらべなくなっている とか




おそろしいことに

そういうのがふつうの世界で

いきてきた方w とか




やめて ちがうとこ

いけないんじゃないか 



仕事みつからなくて

無収入よりはマシ 


しょうがないから まあいいや




など など など






自己の無価値や劣等感

自信のなさを 浮き彫りにしちゃう






そういうとき


おかあさんは こういうもの だから


家族だから


しかたがない から と






やりたくてしてる から



義務と責任でしている こと

たくさんだったりします。



こんなとき 人は

なにやっても遅かれ早かれ


うまくいかない


サイクルになってしまうんですね。






だからいいます^^



じぶんの価値を評価してくれる 人と

かかわっていく ほうが

はるかに 有意義なんですね^^



また、信用できる知識やひとの

いうことだから、、ではなく


信じるのは、じぶん感覚だけです^^









余談。書いていて今更気づきました、笑


だ か ら 契約社員 なんだと。

読んで字のとおり。



散々 いらっとした先には


わたしには、できない働き方をこなせる方

すごいな!とか


(制度としては、わるくない、笑)


条件がたくさんの場合


必要なひとには 都合がいい

受け皿として

非正規雇用があるのかもしれないと

おもいました^^



(ただ わたしは、えらばないけど^^)